2012年04月19日

平成23年事務職員能力認定試験第11問

第11問
民事保全の特色として誤っているものはどれか。
1 付随性
2 簡易迅速性
3 手続の公開
4 担保の提供

【正解】


【解説】
民事保全の特色として何を揚げるのかは書籍によって多少異なります。

1 訴訟手続は時間がかかります。訴訟継続中に債務者の財産がなくなったり、また権利関係が変わったりすると、せっかく時間と費用をかけて訴訟提起し勝訴したにもかかわらず、強制執行ができないという事態に陥ります。
このような事態を避けるために、権利を主張する債権者に暫定的に一定の権能や地位を認めるのが民事保全制度の存在意義なのです。
民事保全の付随性(従属性ともいいます。)とは、民事保全が本案判決又はその執行までの時間的ずれを補うための保全措置であることから、必然的に本案判決による権利関係の確定を予定していることをいい、債権者が、本案の起訴命令に反して本案を提起しない場合(民事保全法37条)や本案訴訟において債権者敗訴の判決が言い渡された場合(民事保全法38条)に、債務者は保全命令の取消を求めることができること等にこの付随性が表れています(「民事保全の実務新版増補版上」15頁)。

2 簡易迅速性は、民事保全制度の存在意義から当然の要請です。

3 民事保全法3条は、民事保全手続について口頭弁論を経ないですることができるとしており、手続の公開を当然には予定していません。

4 民事保全手続では債権者の言い分について証明も求めませんし(疎明で足ります。)、債務者の言い分を聞かない場合もあります。そうすると場合によっては債務者に著しい損害が生じる場合があります。そのような事態に備えて予め、債権者に担保を立てさせます。

posted by 弁護士宇野康枝 at 16:03| 東京 ☁| Comment(0) | 事務職員能力認定試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。