2012年04月10日

平成23年事務職員能力認定試験第9問

第9問
支払督促について、正しいものはどれか。
1 支払督促発付前に当事者双方の審尋期日が指定される。
2 支払督促発付前に債権者の裁判官面談がある。
3 支払督促発付前に債務者からの書面による意見聴取がなされる。
4 書記官が書面審査にて支払督促を発付する。

【正解】


【解説】
支払督促は、債務者が債務の存在を争わないと思われる場合に、簡易迅速な手続で債務名義を取得するための手続です。民事訴訟法第7編に定められています。

1〜3 ちょっと条文を指摘して解説を書くのが書きづらいのですが、まず、債務者の審尋はありません(民事訴訟法386条1項。)。支払督促は書面審査だけで終わり、支払督促が発付されるまでは債務者は一切関与しません。また、裁判所書記官に申し立てるので、裁判官は関与しません。したがって、1〜3は不正解です。なお、「支払督促発付前に債権者の書記官面談がある。」ということもありません。

4 支払督促を発するのは裁判官ではなく書記官です(民事訴訟法382条)。新法になってから書記官の権限となりました。また、審尋がないことから書面審査のみで支払督促は発付されます。したがって、「4」が正解です。



posted by 弁護士宇野康枝 at 17:16| 東京 ☀| Comment(0) | 事務職員能力認定試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。